神さまは乗り越えられない試練も・・・時々与える

妻の「鬱」から「統合失調症」〜精神科入院への道のり

妻の二度童子・・・無邪気な笑顔と喪失感

東北では還暦を迎えた人をこう呼びます

 

歳をとって再び子供にかえるという意味合いでしょう

 

認知症になった方にもよく使われる言葉ですが、精神疾患になった妻もまさしく

この言葉が当てはまります

 

日常の生活から解放され、病院で朝起きて食事をとり就寝する

 

生活の細々した事は考える事がなくなり穏やかな生活を取り戻します

 

薬の効果もあるのでしようが、面会に行くと走って面会場所の部屋に入ってきます

 

まるで今までの混乱など自分とは無関係の様に、楽しそうに満遍の笑みで私に話しかけてくれます

 

「それでね、あれでね」と話しは終わる事がありません

 

結局、話しの内容は自分が見た夢の話しで

夢で見た話しを現実と思い込んで一生懸命話すのです

 

もちろん、夢の中の話しなので話しの展開はつじつまが合ってなく、

楽しい状況から急に表情がくもり、地獄の様な展開になるのです

 

「明日、私はある島に連れてかれる  警察も来た、みんなが悪口を言っている」

 

その話しが終わる前にいきなり話しが変わり

「同じ病室の人が面白くって!」

 

といきなり笑い出す・・・

 

患者は携帯電話は取り上げられてる為、公衆電話で外部に電話をかけてきます

 

私の携帯には「コウシユウ」

という着信が毎日入り

 

何てことない病院の話しから

 

「明日逮捕されるから今から来て!」

と泣きながらの電話も入る

 

精神疾患は先の見えない病気・・・

 

この現実自体が私の夢だったらと思う長く暗く終わりのない悲しみが続きます