神さまは乗り越えられない試練も・・・時々与える

妻の「鬱」から「統合失調症」〜精神科入院への道のり

この世の果てを感じる瞬間

とにかく病院に連れて行かなくてはならない。

 

妻の場合、アルコール依存が原因で鬱になったのか鬱が原因でアルコール依存になったのか・・・一体どちらが原因なのかが分からないのだから病院は何科??

 

とにかく、精神科に連れて行こうとネットで調べて評判の良いメンタルクリニックへと本にをダマしダマし連れて行くも、既に廃人の様になった妻を先生に相談しても

 

「これはもうクリニックというレベルではない。精神科に連れて行って下さい。」

血液検査をした結果、アルコールの多量摂取により肝臓の数値が異常との事で

「内科に行った方が?」

など、一体どうしていいのか分からない・・・

 

言われるまま、翌日内科に連れて行き肝臓の検査。

「数値は悪いが、飲まなきゃ正常になる。それより心療内科に行った方が良いのでは・・・」

 

とたらい回しとなり、大きな精神科のある総合病院に行く事に。

 

しかし、大きな病院は「紹介状」が無ければ予約も取れない。

 

よく考えれば当たり前の事だが、藁にもすがる思いで色々な病院を彷徨い続ける私。

 

日本の病院とはこういうシステムなのだ。

 

そうこうしてる間にも、日増しに狂ってくる妻。

 

仕事は続けられるはずも無く前職は会社から遠回しに追い出されたものの、仕事は探さなくてはならない。

 

やむなく、妻の母に助けを求め自宅に来て面倒を見てもらう事に・・・

 

妻の視覚・聴覚は尋常ではなくなった。

 

「たっちゃん(私)は分からないかもしれないけど、近所の人はみんな知っている。うちがゴミ屋敷だって事も、私が酷い所にこれから連れてかれる事も」

 

妻は外を気にして一日中部屋の窓をカーテンの隙間から除いている。

 

遠くに行ってしまった妻はもうどうにも出来ない。

私はこの世の果てを感じる様な、深い悲しみで呼吸すら苦しくなる。

 

人は超えられない現実を与えられると、現在を放棄するのかもしれない。